外資での英語力

外資に転職 TOEICのスコアは何点必要か

外資系英語力

外資系で働くためには英語は必須です。最低でも英文で簡単なメールのやり取りができなければ働くことができません。

一般的に企業が期待するTOEICのスコアとして海外部門に所属するならば655点以上という目安があるようです。

 

転職に必要なTOEIC
TOEIC公式サイトより抜粋

ということを踏まえると、年収アップを目指して外資に転職する場合は最低でも700点は必要になるでしょう。

もちろん転職するなら履歴書に堂々と書けるハイスコアが理想的で、800点以上の点数があれば、英語力に関しては問われることはまずありません。マネージャークラスなら800点を目指しましょう。

 
 

英語はコミュニケーションツールの1つでしかない

ただし、いくらTOEICの点数が高くてもそれが採用に直接つながるとは限らず。その証拠に私の周りには英語はできるが仕事のセンスがないという人がいます。

つまり、英語はコミュニケーションツールの1つでしかない。だからTOEICの点数にこだわる必要はないというのが私の考えです。

メールならば文章の行間を読んだり相手が何を言いたいのかの真意をつかみ、シンプルかつ的確なコミュニケーションが英語でできればそれで良いのです。

海外との電話会議が想定される職場ならば、耳も口も英語に慣らしておくために日頃から英会話力を磨いておくことをお勧めします。

最近はスカイプなどのオンラインで気軽に安く英会話レッスンを受けられるので、試してみるものいいかもしれません。英会話スクールに多額のレッスン料を払う時代ではなくなったようですね。

 
 
 

忙しい人でもできる!転職に有利な英語力を磨く方法

ビジネス英語を身につけるためにオススメなレッスンを紹介しておきます。

 

Bizmates(ビズメイツ) 一押し!

  • ビジネス英語を中心に学べるオンライン英会話(スカイプ)
  • ビジネス経験者のハイレベルなトレーナーによる指導
  • 無料体験レッスンあり
  • 料金12,000円/月(毎日25分x30日)、18,000円/月(毎日50分x30日)
  •  

    向いている人

  • 実践的なコミュニケーションスキルを身につけたい
  • 会話力、リスニング力を強化したい人
  •  

     
     

    アルク TOEICテスト対策 攻略プログラム

  • 英語教育の草分け、アルクのTOEIC攻略講座
  • キャリアアップのスコア800点を5カ月で獲得するプログラム
  • 好きな時間や場所で学習できる(iPhone, iPadでも学習可能)
  • 英語教授法のエキスパートとTOEICの達人によるW監修
  • 価格46,280円(会員価格)1日40分x週5日
  • 730点、900点を目指すコースもあり
  •  

    向いている人

  • 転職に有利なTOEICスコアを取りたい
  • 仕事で海外とのコミュニケーションが多い
  •  

     
     

     
     

    外資系企業の非公開求人を多く持っているおすすめの転職サイト(エージェント)です。

     

     

    -外資での英語力
    -,

    © 2021 外資系転職の成功ガイド〜年収アップへの道 Powered by AFFINGER5