外資への転職

外資系企業特有の面接の流れ

外資系企業の面接

書類選考に通っていよいよ面接という段階になった場合、外資系企業の面接の流れを事前に理解しておきましょう。

なぜなら外資系企業の面接には特有の選考ステップがあるからです。

事前に面接のポイントを把握するには、転職エージェントを利用して情報をもらうことをおすすめします。企業ごとの内情を知っていたり応募者の選考に関する様々な情報を持っているからです。

もし可能であれば、その企業に勤めている知人に聞いてみるのも良いでしょう。

 
 

外資系企業の面接の流れ

通常面接の回数は平均すると3回くらいでしょう。ただ、採用の最終的な決定権限が誰にあるのかで流れも少し変わります。

外資系企業の面接は、大きくわけると以下の2パターンが想定されます。

  1. 日本現地に最終的な決定権限がある場合
  2. 海外本国に最終的な決定権限がある場合

 
 

1.日本現地に決定権限がある場合

日本法人として拠点を置いていたり、比較的大きな企業の場合は日本現地で採用が決まる場合が多いと思います。

人事部の面接 → 採用部門の担当者 → 採用部門の部門長

といった流れが多かったです。

もう少し形式的な企業の場合は業務上関連の深い他部門の部門長との面接が間に入るケースもあります。

 
 

海外本国に決定権限がある場合

日本支社という形で拠点を置いている比較的小さな規模の会社の場合は海外の本社に採用の決定権限があるケースが多くなります。

しかも人事部が日本にない企業もあるので、面接はいきなり採用部門の担当者と行います。

採用部門の担当者 → 採用部門の部門長 → 本国のディレクター

という感じになると思います。

ということは面接は英語で行われるということを十分に想定しておいて下さい。

 

電話での面接はよくあるパターンです。最近ではSkype(スカイプ)やZoom(ズーム)などを使ってビデオ電話で行われることもあります。

スカイプやズームはパソコンにインストールしておくと良いと思います。私は仕事で海外とのコミュニケーションにはズームをよく使います。

テレビ会議のシステムが無くても十分機能するのでかなり便利です。無料だしプライベートでも使えます。

 

外資系企業の面接 成功には事前準備は不可欠

外資系企業との面接は、特に海外本社との面接がある場合は念入りな事前準備が必要です。想定される問答集を自分でまとめておきましょう。

積極的に転職エージェント(ヘッドハンター含む)にアドバイスをもらい最大限に活用して下さい。転職エージェントはあなたの転職を100%応援しているはずですよね。聞いて損はありませんよ。

もしくはその企業の事情通が知り合いがいれば、さらに準備は整いますね。

 

面接する相手のことや流れについて事情を理解してから面接に臨めば、転職の成功確率はぐんと上がるはず。

 

リクルートエージェント外資系求人 無料登録はこちら >>

 
 

外資系企業の非公開求人を多く持っているおすすめの転職サイト(エージェント)です。

 

 

-外資への転職
-,

© 2020 外資系転職の成功ガイド〜年収アップへの道 Powered by AFFINGER5